成長の記録になる 楽しい子どもの記念写真 

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
成長の記録になる 楽しい子どもの記念写真 

お食い初めの記念写真をスタジオで撮るの?

成長の記録になる 楽しい子どもの記念写真 
最近、子供の成長に合わせて、スタジオで記念写真を撮るご家族が多いそうですね。それはそれで、凄く素敵な事だと思います。
写真自体は、デジカメや携帯で、今や誰でも撮れてしまいますが、きちんとプロに頼んで撮った一枚は、やはり特別な記念に残るものですよね。で、でも、何でもかんでも記念写真を撮りに行っていたら、結構、お値段もバカにならないし、貸衣装やら、照明やら、なんだかやらされている子供さんが可哀そうだなあって、他の人は思って見ていると思います。
ましてや、まだ歯が生え始める頃なんて、着飾って写真を撮っても、本人が大きくなって見た時に、こっぱずかしいくないのかなあ・・・。なんて、おっと、これは余計なお世話ですね(汗)

ところで、子供が生まれてから100日ほど経つと、乳歯が生え始め、この時期に「一生、食べることに困ることがないように・・・」との、願いを込めて、食事をする真似をさせる儀式が、お食い初めです。

私なんかの当時の写真は、もう既にセピア色にあせてしまっていますが、祝いの膳を前に、母が私を抱っこした写真が、今も残っています。
かなり、恥ずかしい写真ですが・・・汗。祝いの膳は、一汁三菜が基本で、尾頭付きの魚と、お赤飯、煮物、お漬物、紅白の餅だったかと思いますが、白黒の写真だと、良く分かりませんよね(笑)それでも、私を抱く母の顔は嬉しそうで、自宅だからこそのリラックスした笑顔が、凄くインパクトがありました。

日常の写真は、きっとスナップの方が自然な表情が写せるって、思います。
お食い初めなら、特別な日だとは思うけれども、非日常的な儀式ではないと思います。
そんな訳で、お食い初めまでも、スタジオで記念写真を撮らなくっても良いのではないでしょうかねぇ・・・。おっと、これも大きなお世話でありました(爆)

関連リンク