成長の記録になる 楽しい子どもの記念写真 

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
成長の記録になる 楽しい子どもの記念写真 

お食い初めの時期の記念写真

成長の記録になる 楽しい子どもの記念写真 
赤ちゃんが一生食べ物に困らないように、というお食い初めは生後100日頃におこなわれます。
我が家はお食い初めを夫婦と赤ちゃんだけの3人でおこないました。
本などで、用意するものなどを調べて鯛も予約しました。
夫が赤ちゃんを抱っこして、赤ちゃんの口元まで食べ物を運んでいるところの記念写真を撮りました。
まだ食べることができない赤ちゃんですが、早くご飯が一緒に食べられるようになったらいいな、と思いながらお食い初めをしたものです。

写真館ではお食い初めの時期にあたる生後100日頃に、100日記念の写真を撮ってもらえます。
まだ座ることができない時期ですが、写真館の椅子にちょっとよりかかるようにすると、座れるものなんです。

衣装も可愛くて、昔話や童話の主人公の衣装がたくさん。桃太郎や金太郎など、この時期にしかできないような衣装も可愛いですよ。写真館の人は、赤ちゃんを笑わせるのもとても上手です。

自分ではなかなか撮れないような笑顔が可愛い写真を撮ってくれるので、感動しました。
赤ちゃんの記念写真で気をつけておきたいのは、時間帯です。

赤ちゃんは寝ている時間が長いので、写真撮影のときに眠くなってぐずられたら困ります。
せっかく撮影するのであれば、ご機嫌の顔を撮影してほしいですよね。赤ちゃんがご機嫌でいられるように、お昼寝の時間は避けるようにしましょう。赤ちゃんの時期はどんどん顔も変わっていくので、お食い初めの時期の可愛い写真も残しておくことをおすすめします。

関連リンク